寝ても休んでも疲れが取れない

カラダが動かしにくくなってきた

すぐにイライラする

それは全て「姿勢」からはじまります。

 

日常の積み重ねが、あなたの「今」の原因をつくっています。

わたしたちは日常を生きています。

日常の積み重ねが人生です。

その人生に差をつくるもの。

それが姿勢です。

今の1分1秒、姿勢を積み重ねています。

この姿勢がいい姿勢なのか、悪い姿勢なのか。

いい姿勢であれば、体内にも好循環がうまれ、どんどんよくなっていきます。

悪い姿勢であれば、悪循環が生まれ、どんどんと良くないカラダになっていきます。

 

姿勢が悪いと疲れやすい

姿勢がいいとなぜ、疲れにくいのか?

それはカラダには常に物理的な負担がかかっていないからです。

負担がかかっていると、それだけカラダは疲れます。

姿勢が良くなると、その負担が限りなく少なくなります。

負担がかからない分、疲れにくいカラダへとなっていきます。

疲れにくいカラダができると、「力まないやわらかいカラダ」になっていきます。

 

姿勢がいいと老けにくい

姿勢が良くなると、特に手足に無駄な力をかけなくていいようになります。

その結果、日々無意識的に行っている筋肉への無理な緊張はなくなります。

また、やわらかくなったカラダでは、血液などの流れが良くなります。

新陳代謝、健康の原理原則は循環です。

その循環が、いい姿勢になることで良くなります。

 

 

※カウンセリングを受けられて、カラダが固まっていて姿勢をよく出来ない場合がございます。

時間をかければ改善していきますが、より早さを求められる場合は施術をオススメさせていただくことがございます。

 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

お問い合せ内容

ご希望日

メッセージ本文