• HOME
  • >
  • 姿勢
  • >
  • 姿勢が崩れると集中力が欠ける理由 - 頭蓋骨のズレ -

姿勢が崩れると集中力が欠ける理由 - 頭蓋骨のズレ –



今日も頭がボーッとする。

春でもないのに、頭がボーっとして集中できない日が続く…。

 

寝ても覚めても、スッキリしない。

物事が頭に入らない。

用事がうまく進まない。

 

このような状況は、体のしくみがわかれば納得のいく現象になります。

結論からいうと、頭蓋骨のズレ、もしくは動きが悪くなっているためです。

 

頭蓋骨は複数の骨でできている

頭蓋骨は一つの塊の骨ではないんです。

23個のパーツから作られていて、呼吸をするように骨は動きます。

この独立した骨たちがズレを起こしたり、の動きが悪くなることで、頭蓋骨の中にある脳に影響がでてきます。

その結果、頭がボーッとする。スッキリしないという状態になってしまいます。

言ってしまうと、ただそれだけなんです。

 

ここで大切なことは、

気分の問題ではなく、

物理的な体の問題だということ。

 

このボーッとする。

集中力がない。

これらの現象は歳を問わず、姿勢や頭蓋骨の問題から起こってくるんです。

 

体の問題なので自分を責めない

ボーッとすることや集中力ということは、意識の問題だと捉えられがちです。

そうした社会認識から、自分を責めていたかもしれません。

しかし、物理的な問題なので、気分やモチベーションではなかなか乗り越えることができまないことがほとんどです。

体の問題だということがわかるだけでも、気持ちは楽になると思います。

 

まずは、いい姿勢を身につけるようにします。

体が凝ってカチカチなのであれば、やわらかくしましょう。

そして、体が整ってきたら体を動かし始めます。

どんどんと血液の流れをよくしていきます。

 

その結果、頭蓋骨の動きもよくなっていきます。

もし、早く体をやわらかくしたり、頭蓋骨のズレを整えたいのであれば、腕のあるところでの施術を受けてください。

 

必要のないストレスはかけない

体にストレスをかけないように生きていきましょう。

そのようにして、時間をかけていくことで、頭はスッキリとし、集中力がどんどんと増していくようになります。

 

歳をとるほど、頭が冴える。

そうなるように、時を重ねていきましょう。



コメントを残す




CAPTCHA