重度のアトピー性皮膚炎で死にかけた青年の物語


名称未設定-1

一人の青年がいました。
青年は今、、、死の淵に立っています。
だけど、青年にはやり残したことが沢山ありました。
でも、体は言うことを聞かず、思うように動かせません。
青年の心と体はボロボロでした。
だけど、青年には夢がありました。

1 青年と「死」の対峙

青年の年は23歳。
一般的には社会人として大きく羽きだす働き盛りの年頃です。

「情けない。」
病床の青年は、目が覚めている時は、ずっとこの感情とともにありました。
体を動かすことはほぼできないため、一日中ベッドの上で寝ていたためです。

それに加え、状態が悪化している時には激しい痛みと苦しみが続きます。
「自分から命を絶って、この苦しみから逃れたい。」と何回も考えました。

しかし青年には夢があります。
それは「世界から病気という概念をなくす」ということでした。
自分と同じような状態の人を、一人もいない世の中をつくる。

青年の父は、病気治しのプロフェッショナルでした。
杖をついて来た人が、杖を忘れて帰る。
病院では治らないと言われた病気をなかったことにしてしまう。

青年は、その父の姿を見て育ってきたため、自然と同じ夢を抱くようになったのでしょう。
しかし、青年は自分の体に無理をしすぎてアトピー性皮膚炎を発症させてしまいました。
その頃には、父が近くにいなかったのもあり、母との闘病の日が続きます。

日々、死と隣り合わせに生きていた青年は考えました。
「死ぬ覚悟があるなら、無限の体力さえあれば、なんだってできるんじゃないか。」

これを目標にがんばろう。

そう決心した青年は、一歩を踏み出しました。

2 自分を変える道

青年は父の教えを思い出しました。
健康になる法則です。

血液の流れを良くすれば、なんだって良くなる。
そのことを知っていた青年は、まずは外に出ることからはじめました。

そして歩きます。
運動をすることが、自分で血液の流れを良くする最良の方法と考えたためです。

外にでるのは、決まって誰も起きていない時間です。
それほどまでに、見るに堪えない姿をしていました。

青年は歩き続けました。
できるだけ毎日外に出ては、日に日に歩く距離を伸ばしていきます。
体を動かすだけで激しい痛みと苦痛が襲ってきます。風が吹くと皮膚は割れるように痛みます。

でも青年は諦めませんでした。
雨の日でも外に出て歩きました。
今の青年にとって、歩くことが結果につながることを知っていたからです。

3 無限の体力を求めて

そのような環境を続けていくと、法則通りに体は回復していきました。
皮膚もだんだんときれいになり、生活をできるまでになりました。

しかし、青年の目標である「無限の体力」ははるか遠い場所にあります。
効果をあげるために、今以上に血液の流れを良くしていこうと考えました。
次に青年は、トレーニングを始めました。

結果は惨敗。
トレーニングをすればするほど、筋肉が硬くなり状態は悪化してしまいます。
「この体は使い物にならない。。。」
軽い絶望を覚えました。

あーでもない。こーでもない。
試行錯誤の日々が続きます。
その中で、青年はあることに気づきました。
「体に負荷をかけずに血液の流れをよくすればいいのか。」

それからは、いかに体に負荷をかけずに運動ができるかの研究をはじめました。
解剖学や生理学、自然界の法則の勉強をし直し、自分の体を使い、実験を繰り返します。

すると、予想通りに結果が出てきます。
「これなら、自分の目標を達成できる。」
そう確信した瞬間です。

 4 健康を分け与える人

その後も、青年は研究を続けました。
いつも、まずは自分の体が実験台です。

青年は体がアトピー性皮膚炎が治った後も、寒冷湿疹などがでる体質でした。
冬の寒気に皮膚をさらしてしまうと、皮膚が腫れ上がってしまう症状です。
それが起こると、1時間は動けなくなります。

また、非常に疲れやすい状態が続きました。
少し動くと疲れてしまう。
その後、青年は仕事をはじめていましたが、仕事が終わると動けなくなります。

しかし、青年は研究に研究を重ねます。
そしてついに、それらの症状がでない体に体質を変えることに成功しました。
体力もどんどんついていきます。

青年は一般以上の体力や集中力が身につきました。
肌は女性から注目を浴びるほどキレイです。
どれだけ動いても疲れません。

一つの目標が達成された瞬間です。

そして数年後、、、

青年は自分の健康だけはなく、他の人に健康を分け与える人へと変貌を遂げていました。
「世界から病気という概念をなくす」という夢へ、一歩近づきました。

5 ココロとカラダの自由

INFINITE THERAPY(インフィニット セラピー)はそんな中からうまれました。
ココロとカラダの自由が手に入るスキルです。

人は自由な存在になるべく生きています。
その自由とは、
好きな人に会いに、行きたいところへ行ける行動力
好きなことを知り、理解を深めていく知力
以前はできなかったことでも、やりこなせてしまう体力
さまざまな形があります。

あなたが自身のココロとカラダの健康を手に入れる。
言ってしまうと、それだけのスキルにすぎません。
しかしそのスキルが、人生を変えてしまうほどの力を持っています。

私はココロとカラダが自由になることで、ココロとカラダの自由を手に入れることができました。
次はあなたが手に入れて欲しい。

いつの日かあなたと出会い、あなたと共に成長をし、あなたと感動を共有できることを心から願っています。

 



コメントを残す



CAPTCHA